共有名義の不動産を売却する際に気を付けたいポイントとは

2022-04-05

共有名義の不動産を売却する際に気を付けたいポイントとは

共有名義の不動産を売却しようとする場合、通常の方法と手続きが異なるのではないかと不安に思われる方が多いと思います。
実際に共有名義の不動産は、どのような手順で売却を進めるのでしょうか。
この記事では、売却する方法や注意点について解説します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産における共有名義とは?売却することはできるの?

共有名義とは、複数人で1つの不動産を所有している状態のことです。
たとえば、夫婦でお互い2分の1づつの共有で不動産を所有する場合や、二世帯住宅で暮らす場合に親子で同じ名義にするケースがあります。
また、不動産相続した際にも、複数の相続人で権利を共有する場合が見られます。
このように、1つの不動産の権利を複数人で所有することを意味します。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

共有名義の不動産を売却する方法

共有名義の不動産を売却する方法は、下記の5つです。

すべての土地を売却する

共有者全員が同じ意思であれば、すべての土地を売却することが可能です。
この方法は、遺産相続や財産分与をする場合に向いています。

自分の持分のみを売却する

自分の持分だけであれば、他の共有者の同意を得ずに売却することが可能です。
しかし、土地が区切られているので、売却相手が見つかりにくいというデメリットがあります。

自分の持分を他の共有者に売却する

自分の持ち分の不動産を手放し、他の共有者は不動産の所有面積を増やせるため、両者の同意があればおすすめの方法です。
この方法は、共有している他の共有者とのトラブルを避けたい方に向いていると言えるでしょう。

分筆する

土地を共有している場合は、分筆すると単独名義にすることが可能です。
この場合、単独名義の不動産として自由に売却できますが、個々の持分に応じて分筆することが必要です。

リースバックする

不動産売却した後に、賃貸借契約を結んで住み続ける方法です。
これは、家を売却したことを近所に知られたくない方に向いています。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

共有名義の不動産を売却する際の注意点

共有名義の不動産を売却する際は、共有者間でトラブルが起きやすいことが注意点です。
そのため、決め事に関しては事前に共有者全員の同意を得ておくことが大切です。
また、みなし贈与税の対象にならないようにすることも注意が必要です。
親族間で売却する際は、買主の負担を減らすために、通常よりも低い売却価格が設定される傾向が見られます。
しかし、売却価格が低すぎると脱税を疑われてしまい、みなし贈与税として課税されてしまうため、最低限の売却価格を設定しましょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

共有名義の不動産とは、複数人で1つの不動産を所有している状態のことです。
このような不動産を売却する際は、この記事で解説した方法と注意点を参考にしながら、売却活動を進めてみましょう。
私たち「株式会社GLOBAL TAKE」は新宿区・文京区・台東区を中心に不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-6272-6401

営業時間
10:00~18:00
定休日
毎週火曜・水曜日

売却査定

お問い合わせ