不動産の「買取」とはどのような売却方法?仲介との違いやメリットも知ろう

2021-12-07

不動産の「買取」とはどのような売却方法?仲介との違いやメリットも知ろう

今回は実際の意味が知りたいと検索する方も多い「不動産の買取とは何か」についてご説明します。
私たち「株式会社GLOBAL TAKE」は新宿区・文京区・台東区を中心に不動産売却のサポートをしている不動産会社ですが、弊社でもお客さんからたびたび「買取」に関する質問を受けることがあります。
耳にすることも多い「仲介」とはどのような点が異なるのか、メリットとデメリットは何かについてもぜひご確認ください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産の「買取」と「仲介」の違いとは?

最初に、土地や家屋を売買する際に聞く「買取」と「仲介」はそれぞれどのような特徴があるのか、違いを一つ一つ見ていきましょう。

買う相手が異なる

買取と仲介の違いは、土地や家屋を買う相手が異なります。
買取とは不動産会社に物件などを買い取ってもらうことですが、仲介は不動産会社に買い手を探してもらって希望する方が買うことを意味します。
買取は不動産会社と価格面などの話し合い(交渉)をおこなって内容がまとまれば契約ができるため、チラシなど売るための活動が不要です。
一方で、仲介はチラシや内見など売るための活動が必要です。

土地や家屋を買い取ってもらう「買取」には2タイプある?

実は買取にも2タイプあります。
それは「即時買取」と「買取保証」です。
土地や家屋を不動産会社に買い取ってもらうときに売り主が「即時」の方を選ぶと、文字どおり3日から1か月以内とスピードある売却が実現できます。
即時に対して「保証」は、ある程度の期間、仲介目的で販売活動をおこなうことが特徴です。
その期間に買い手が付かなかった場合は、不動産会社があらかじめ話し合って決めていた金額で土地や家屋を買う保証が付いています。
買い取るまでの期間は基本的に3か月以内です。
この期間以上日が経ってしまった場合、売り主は仲介手数料が発生しない点も覚えておきましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産の買取のメリットとは?

買取のメリットについても知っておきましょう。
大きなメリットといえば仲介手数料が不要なことです。例えば、売買価格が400万円以上の場合:物件価格×3パーセント+6万円+消費税が必要となります。
3か月以内に現金が手に入るのもメリットの一つです。
また、土地や物件になんらかの不具合があれば売り主が責任を担う契約不適合責任も、この売却方法では免除されます。
これは瑕疵のある土地や物件をかかえている売り主に喜ばれている点です。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産の買取のデメリットとは?

この売却方法のデメリットについてもお伝えします。
もっともいわれているのは、売り値が市場価格より10パーセントから30パーセント低くなる点です。
また、築浅の物件では仲介で売る方が売り値が良い点も知っておきましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

買取と仲介はどちらも売る方の好みや事情もありますので、不動産会社とよく相談して決めることがすすめられます。
私たち「株式会社GLOBAL TAKE」は新宿区・文京区・台東区を中心に不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-6272-6401

営業時間
10:00~18:00
定休日
毎週火曜・水曜日

売却査定

お問い合わせ