不動産売却の媒介契約は3種類!どの契約形態を選ぶべき?

2021-11-09

不動産売却の媒介契約は3種類!どの契約形態を選ぶべき?

不動産売却では、まずは仲介を依頼する不動産会社と仲介契約を結びます。
媒介契約には、「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3種類がありますが、どの契約にすべきか迷ってしまいますよね。
今回は、不動産売却をお考えの方に向けて、媒介契約の種類と、どのような人にどの契約がおすすめなのかをお伝えします。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の媒介契約の種類とは?それぞれのメリット・デメリット

冒頭でもお伝えしたとおり、不動産売却の媒介契約は、「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3種類があります。
一般媒介契約は、複数の不動産会社と契約することができるのが特徴です。
他の媒介契約と比較すると制限も少なく、ご自身で見つけた購入希望者と直接取引も可能です。
自由度が高いですが、レインズへの登録義務もなく、売却活動の状況が見えにくいのがデメリットです。
一方で専任媒介契約とは、「専任」と名前のつくとおり、1社のみと媒介契約を結ぶ契約形態です。
レインズへの登録義務もあり、2週間に1度、売主への販売状況の報告義務もあります。
1社しか契約できないのはデメリットですが、買い手を直接見つけた場合は直接取引も可能です。
専属専任媒介契約も同様に、1社のみしか契約できないという制限があり、さらにご自身で見つけた購入希望者との契約もできません。
しかし、レインズへの登録義務に加えて最低でも1週間に1度の売主への販売状況の報告義務があり、3種類の媒介契約のなかで、特に活発な売却活動が期待できます。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の媒介契約はそれぞれどんな人におすすめ?

3種類の媒介契約には、それぞれメリット・デメリットがありますので、どれがおすすめなのかは、不動産売却の状況やケースによって異なります。
まず、築浅物件や人気エリア、駅近物件など需要がありそうな場合は、一般媒介契約がおすすめです。
ご自身で買い手を探したいと考えられている方や、不動産売却の経験が豊富でノウハウをお持ちの方にも向いています。
一方で、専任媒介契約と専属専任媒介契約は、売却する不動産の築年数が古いなど需要が低そうなケースや、活発な売却活動を期待したい方、売却活動に時間をかけたくない方におすすめです。
直接取引も視野に入れている場合は、専属専任媒介契約ではなく専任媒介契約を選択すると良いでしょう。
一般的には、一般媒介契約よりも専任媒介契約や専属専任媒介契約を選ばれる方が多いです。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

不動産売却の媒介契約には、それぞれにメリット・デメリットがあります。
売却する不動産の立地や築年数、ご本人が不動産売却のノウハウがあるかなど、状況に合わせて選ぶことをおすすめします。
私たち「株式会社GLOBAL TAKE」は新宿区・文京区・台東区を中心に不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-6272-6401

営業時間
10:00~18:00
定休日
毎週火曜・水曜日

売却査定

お問い合わせ